いろいろ日記AtoZについて

いろんな日記のリンク集。真面目な日記、ふざけた日記、おかしな日記、ちょっとエッチな日記。ついでにちょっと役立つサイトもリンクりんく。

powerd by 楽市360

日記とは…メモとは…ブログとは…

【参考】
**********************************
日記(にっき)とは、日々の出来事を記した記録で、今日では文学の一ジャンルに数えられており、文学の最も初期のかたちのひとつである。あるいは、初期のかたちという以上に、人がものを書くという行為の原初的なもので、文学という概念以前のものといってよいかもしれない。英語では、Diaryという表現の他にPersonal journalという表現も使われる。
-------------------------------
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
**********************************

日記文学とは…

【参考】
**********************************
日記が書かれる主な契機の一つとして、旅の記録がある。仕事であれ、私的な所用であれ、戦争への従軍であれ、特別な出来事の内容、見聞、心覚えを記したものとして日記は書かれた。古代ローマのカエサルがガリア征服の経過を記した『ガリア戦記』がその有名な例である。 日本でも、遣唐使の随行日誌など、旅の日記(紀行)の伝統は古く、円仁の『入唐求法巡礼行記』のように世界的に著名な紀行が、9世紀に生まれている。 平安時代、9世紀末の日本では、国家体制の変化のもと、儀式化した政務のために王朝貴族たちは、外記日記など国家の記録とは別に私的な日記を作成し始める。この貴族たちの日記作成の流行をもとに、女性たちの回想録的な日記文学が生まれてきたと考えるべきであろう。その背景には、仮名文学の成熟、浄土教の発展による内省的な思考の深化などが認められる。例えば、『土佐日記』『紫式部日記』『和泉式部日記』などがその代表例である。 男性貴族の日記の多くは漢文で書かれており、歴史学の用語として漢文日記とも呼ばれるが、近年これら儀式のための先例のプールやマニュアルとして作成された日記を「王朝日記」として新たに概念化する学説も出されており(参考文献;松薗2006)、平安時代の日記文学を安易に王朝日記とネーミングすることには問題がある。 中世までは、王朝貴族(公家)・僧侶にほぼ限られていた日記も、中世末から近世に入ると、階層的に多様化し、量的にも各段に増加していく。 近代に入ると、西洋の個人主義などの影響を受け、プライベートの個人的秘密を吐露するために書かれたものも出てくる。石川啄木の『ローマ字日記』などである。実体は私小説、またはフィクションであっても、表現手段として日記の形式を借りることもある。 中学生などの交換日記や学級日誌などは、手紙の世界と重なっていると考えられる。今日では、Weblog(ブログ)やインターネット上のレンタル日記サイトにおいて、多くの日記が書かれている。これら新しい日記については、情報倫理の観点からも議論があり、新たな分析が必要であろう。
-------------------------------
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
**********************************

話題ニュース

ビューティ!


楽天で人気のアイテム