不要品の引き取りは転居や引越しの時だけではありません。部屋の模様替えの時などもそうでしょう。ただ無料の不要品引き取りは、時に注意が必要な場合もあります。


インターネットの引越しは?>>プロバイダー 乗り換え


不要品処理の有料化

不要品の引き取り先を見付けるのは、今や、多くの家庭で悩みの種となっています。4つい最近まで、家具などの粗大ゴミは、無料で引き取られていましたが、今では殆んど全ての地域で、有料化されています。
普通に生活していても、不要品は増えていく一方です。
書籍、CDなどは、中古ショップに売ることもできますが、パソコンなどの家電、タンスなどの大型家具ともなると、そう簡単に処分することはできません。

不要品の回収業者

粗大ゴミの有料化が、各地で広まるにつれ、不要品を無料で引き取るという業者の姿が目立つようになりました。
軽トラックが住宅地を巡回したり、無料引き取りのチラシがポストに投げ込まれたりするなど、一見、問題解決のための救世主のようにも思えます。
業者を利用した人の体験談によると、実際のところ、何かと料金が発生するのが大半のようです。
ビデオデッキなどの家電で、千円程度要求されるのが普通で、ベッドなどの大型家具では2万円ほどというケースもありました。
無料の引き取りといううたい文句を鵜呑みにするのは禁物と言えます。

様々な不要品処分方法

不要品とはいっても、まだ十分に使えそうなものは、リサイクルに回す方法もあります。
フリーマーケットに出品したり、フリーペーパーの「譲ります」などのコーナーで、引き取り手を募集したりと、方法は様々です。
パソコンなら、リサイクルショップ、ヤマダ電機を始めとする家電量販店などは、廃棄同然であっても、無料あるいは100円程度で引き取ってくれる場合があります。
状況・状態に応じて、不要品引き取りの方法を、選択すると良いでしょう。


インターネットの引越しは?>>プロバイダー 乗り換え


プロバイダーの引越しは?

RECOMEND

****